気仙沼のお魚

カツオ

 旬:初夏から初冬
 日本近海、世界中の熱帯・温帯海域に分布し、日本海にはほとんどいません。一本釣りや巻き網で漁獲されます。一本釣りの漁法は江戸時代初期に、紀州から漁師を呼び寄せ、唐桑町鮪立の漁師たちに習わせたことに始まります。気仙沼魚市場で扱う魚の代表的存在で、生鮮ガツオの水揚げ高は2016年まで20年連続日本一、気仙沼市の魚でもあります。黒潮に乗って北海道まで北上した後、三陸沖でたっぷり脂を乗せ、戻りガツオとして9月頃から南下を始めます。気仙沼港には上りガツオを追って北上してきた宮崎、高知、三重県などのカツオ船が入港、水揚げしています。お腹にきれいなしま模様があり、これがはっきりしているほど新鮮です。刺身、たたきの他、あら汁、ハラス焼き、カツオ団子などにして食べます。カツオ節よりもいぶす回数を減らし、半生の状態にた気仙沼の伝統的ななまり節はお土産としても人気があります。

キーワード
カテゴリ指定