気仙沼のお魚

サンマ

 旬:秋
 秋になると北太平洋岸から南下し、北海道や三陸の太平洋沿岸で水揚げされます。サンマ漁は夜間に行われ、光に集まる性質をもつサンマを集魚灯で集め、網で一気にすくい上げる棒受網漁法という方法で漁獲します。気仙沼港は全国でも屈指のサンマの水揚げ港で、以前は市の魚でもありました。東京都目黒区では古典落語「目黒のさんま」にちなんで、気仙沼のサンマを使った「目黒のさんま祭り」が行われます。漢字では「秋刀魚」と書き、魚体の硬さは「刀」のようだと言われます。大型は生出荷、中型は加工、小型はマグロはえ縄漁のエサ、さらに小さい「ジャミ」は養殖ハマチなどのエサにされます。おいしい食べ方はたくさんあり、塩焼き、刺身、ぬた、たたき、すり身などです。お土産用の加工品も甘露煮、開き、燻製、みりん干し、蒲焼、寿司など種類豊富で、珍しいかば焼き風味のさんまパイなどもあります。

キーワード
カテゴリ指定