気仙沼のお魚

クロマグロ

 別名:ホンマグロ 旬:冬
 世界の温帯・熱帯海域に分布し、はえ縄・巻網や大目流網などで漁獲されますが、気仙沼では定置網で漁獲されます。ホンマグロとも呼ばれ、昔は「しび」とも呼ばれました。気仙沼市唐桑町にある「鮪立(しびたち)」という地名は、マグロ漁で家を建てたことに由来します。マグロの中で最も大きくなり、全長3メートル、体重300~500キロにもなります。大型のものと小型のものがあり、大型の生のものはキロ当たり1万円以上と非常に高く、魚の中で最も高価に取引されます。大型のものは油の強さで赤身、中トロ、大トロなど部位を呼び分けます。大トロはクロマグロとミナミマグロからしかとれず特に珍重されますが、江戸時代には脂が強すぎるため捨てられていたそうです。マグロの中では最もおいしい種類で、寿司ネタ、刺身、鍋物(ねぎとマグロの「ねぎま鍋」)、ステーキなどで食します。

キーワード
カテゴリ指定