気仙沼のお魚

ビンナガマグロ

 地方名:ビンチョウ、トンボ 旬:冬
 世界の温帯・熱帯海域に分布し、はえ縄・一本釣りや流刺網で漁獲されます。鬢(びん=もみあげ=胸びれ)がとても長いことが名前の由来で、ビンチョウとも呼ばれます。背びれの後ろまで伸びる長い胸びれを広げて泳ぐ姿はトンボのようだといわれ、別名トンボとも呼ばれます。マグロとしては小型で体長1メートルを超えるくらいです。資源量が多く、昔からツナ缶の材料のひとつとして利用されています。身は黄色っぽくやや赤みがかっていて、脂がのっていると白っぽく、マグロとは思えない色をしています。最近は生食用としても出回るようになり、ビントロ(ビンチョウのトロ)として回転寿司の定番のネタのひとつになっています。ビントロといってもビンナガマグロには中トロや大トロはありません。非常に脂ののった時期にとったものを冷凍して、ビントロとして売り出してから生食用が認知されるようになりました。

キーワード
カテゴリ指定