気仙沼のお魚

メバチマグロ

 旬:春から初夏 晩秋から冬
 世界の温帯・熱帯海域に分布し、はえ縄で漁獲されます。目がパチッと大きいことが名前の由来です。成魚はずんぐりしていますが、小さいときは前後に細長く、キハダマグロの小さいときに少し似ています。体長は2メートル前後、200キロ前後まで大きくなり、キハダマグロ、ミナミマグロと並ぶ中型のマグロです。マグロの仲間の中では最も深い所で泳いでいます。クロマグロに比べ漁獲量が多く、マグロの中で30パーセントを占め、キハダマグロと並びます。魚屋、スーパーなどで売られているのはこのメバチマグロが多いです。色合いも鮮やかな赤でマグロらしいマグロと言え、回転寿司にも多く使われます。味はクロマグロに比べあっさりしていますが、刺身や漬け、ネギトロなどでおいしく食べられます。カマ(頭の付け根、エラの胴体側の部分)を塩焼きにするのもとてもおいしい食べ方です。

キーワード
カテゴリ指定