気仙沼のお魚

マンボウ

 旬:夏
 世界中の温帯・熱帯海域に分布し、気仙沼では定置網で漁獲されます。夏にかけて暖流に乗りカツオと一緒に北上してきます。三陸地方のカツオ船ではマンボウはカツオ「万本」につながる縁起物とされ、漁場に着く前にマンボウを見つけると捕まえたそうです。丸く平らな体におちょぼ口のかわいらしい姿で水族館の人気者です。見た目どおりのおとなしくのんびりした性格のためか、成魚になるまで他の魚のえさになりやすいので、1回に3億もの卵を産みます。成魚の大きさは日本で見られるものは1メートルほどですが、世界の記録では体長4メートル、重さ3トンにもなるといいます。漁獲後すぐに船の上で解体されるため魚市場構内ではその姿を見ることはできません。白身で淡白な味わいの刺身は、身を手で細かく裂いて酢味噌で食べます。また腸(「こわだ」といいます)はこりこりした食感がよく、刺身や湯がいて食べます。

キーワード
カテゴリ指定