気仙沼のお魚

メカジキ

 地方名:メカ 旬:冬から春
 世界の熱帯・亜熱帯海域に分布し、はえ縄・大目流網や突棒で漁獲されます。目が大きいカジキであることが名前の由来です。英名を「swordfish」といい、「sword」は「剣」という意味です。メカジキの吻(ふん:上あごが伸びて突き出したもの)が剣のように長く鋭いことからこの名前がついています。漁獲する時に、この長い吻によってけがや場合によっては死亡してしまうこともあるようです。マカジキやバショウカジキなど他のカジキ類はマカジキ科に分類されますが、メカジキだけはメカジキ科に分類されます。マグロ類と一緒に漁獲されていることから、混ざって「カジキマグロ」と呼ばれることがありますが、カジキとマグロは別の種類の魚です。全長4メートル、体重300キロを超える大型魚で、カジキの中で最も大きく成長する種類の1つです。新鮮な刺身はとてもおいしく、照り焼きや煮つけなどでもおいしく食べられます。背びれの付け根を「ハーモニカ」といい、気仙沼で好まれ食べられています。

キーワード
カテゴリ指定