気仙沼のお魚

マカジキ

 地方名:マカ 旬:秋から冬
 太平洋の温帯・熱帯海域に分布し、はえ縄、突棒、流刺網などで漁獲されます。大きいものは4メートル前後、100~200キロにもなる大型魚です。英名「Striped marline」の「Striped」は「縞のある」という意味で、体の側面に水色のきれいな縞模様があります。マカジキの「マ」はマダイ、マサバと同じように、「カジキ類の代表的なもの」という意味です。メカジキと異なる点は、背びれの根元が前後に長く、腹びれがひものように伸びていることです。「カジキマグロ」と呼ばれますが、上あごが細長く伸びて突き出した吻(ふん)をもつことと、胸びれの位置がマグロより下にあることから、マグロとは別とされます。気仙沼港で夏に水揚げされるのは、春から夏に北上するマカジキが三陸沖に現れるからです。日本ではカジキ類の中で高級品とされています。身は淡紅色の赤味で脂があり、バターや油との相性がよく、ステーキ、照り焼き、フライなどに向いています。新鮮なものは刺身でも美味です。

キーワード
カテゴリ指定