気仙沼のお魚

サケ

 別名:シロザケ 旬:秋から冬
 北太平洋に分布し、日本では北海道から本州北部の河川に遡上して産卵します。気仙沼では定置網や刺網などで漁獲されます。気仙沼ではサケ孵化放流事業によって毎年稚魚が大川から放流されています。サケには母川回帰といい、生まれた川に遡上し産卵する性質があります。気仙沼市の大川は宮城県内でもたくさんのサケが遡上する川として知られています。毎年10月頃には大川や神山川、鹿折川を遡上するサケを見ることができます。サケは鼻の形で雌雄を区別できる魚で、鼻が曲がったのがオスで、丸いのがメスです。様々な食べ方がありますが、この地域ではちゃんちゃん焼き(フィレにしてバターでソテーし、野菜を加え、みそと焼きながら食べる)、はらこ飯(イクラ、サケの身を甘辛く煮て、その煮汁で炊いたご飯にサケの身とイクラを乗せたもの、)などがあります。イクラが成熟する前の卵を塩漬けにしたものを筋子といいます。

キーワード
カテゴリ指定