気仙沼のお魚

シイラ

 地方名:マンビキ  旬:夏から秋
 世界の温帯・熱帯海域に分布し、はえ縄・流刺網やカツオ一本釣りなどで漁獲されます。頭が大きく体は平べったく長く、1.5メートルから大きいもので2メートルくらいになります。かかった時の引きの良さから、釣りを楽しむ人も多く、ルアー釣りで人気の魚です。頭の前部分が角ばっているのがオスで、丸いのがメスです。主に白身魚の切り身としてスーパーや魚屋に並びます。値段は手ごろで、手軽な惣菜魚です。傷みが早い魚なので、特に刺身など生食する場合は鮮度を見極めることが肝心です。新鮮なシイラの刺身は淡白な白身で歯ごたえもよくおいしく食べられます。脂が少ない分、油を使った調理法がよくあい、ムニエル、フライ、から揚げなど脂肪分を補うことでおいしさが引き出せます。煮つけにすると子もおいしく、子だけでも売られています。

キーワード
カテゴリ指定