気仙沼のお魚

タラ

旬:冬
北太平洋の深海に生息し、早春の時期に三陸沿岸まで南下し、水揚げされます。たくさん食べる魚で、腹がパンパンになるまで何でも食べることから、大食いすることを「鱈腹(たらふく)食う」と言うほどです。漢字で魚に雪「鱈」と書き、タラ漁の最盛期は厳冬期に当たります。タラといえば「マダラ」と「スケトウ(スケソウ)ダラ」を指します。まだら模様でずんどうなのがマダラで、大きいもので1メートル以上にもなります。マダラの白子は「キク」や「キショ」と呼ばれる高級珍味です。下あごが長く細長いのがスケトウダラで体長60センチ前後です。スケトウダラの子は「タラコ」として人気があります。切り身として売られているのはマダラの方が多く、鍋料理によく使われます。スケトウダラは練り製品の原料として欠かせないもので、塩漬けや干物など様々に加工されます。寿司などに使うでんぶの原料になっているのもスケトウダラです。

キーワード
カテゴリ指定